私の思いは伝わらなかった

先週末、お仕事帰りの女性と面談がありました。

婚活を頑張られていた女性会員さんが退会するという残念な面談です。

 

その女性は、その方なりにわたしと一生懸命頑張ってきてくれました。

ですが、お育ちになられた環境も複雑だったり、ご自分の中でもいろんなことが混乱なさっていました。

 

休会をお薦めすることもあるのですが、今回は一度クローズした方がいいのかしら?の判断になりました。

 

 

 

別れ際に

「また、入会してくれてもいいのよ。(o^―^o)ニコ」とわたし。

「え~、いいんですか?

連絡もしてもいいんですが?」と女性。

「いつでもどうぞ!」

「佳代さん!大好き」

 

人の気持ちは移ろいやすいものです。

今回の退会がいい意味で作用することもあります。

 

彼女が真剣に私にぶつかってきてくれたことから、私も本当にたくさんのことを感じ学びました。

 

開業以来、順調にご成婚を出すことができていることが私の自信にもなっていました。

事実、今年も年明けから既に4組のカップルがご成婚してくださっています。

 

ですが、今回改めて人に添って思いを伝え、サポートしていくことの大変さを考えさせられました。

 

わたしはいつも「人の経験にひとつの無駄もない!」と感じており、会員さんが活動の中で苦戦されているときもこのことを伝えています。

ですので、今回のことも大切な経験として、しっかり記憶に留めようと思います。

 

K子ちゃん!また私を頼りたくなったら、いつでもどうぞ💛