今日の面談では特に母のような思いになりました。

こんにちは。

秋も深まってきましたね。

今日は午後3件の面談がありました。そのうち2件は30代前半の女性会員さん。

おふたりともそろそろ結婚本決まりかな?といった状況です。ひとりはお子さんありで結婚相手の方もお子さんがいる方です。若いですがふたりとも初婚の方とは経験値が違います。私は会員のこともお相手のこともわかっているので会員はなんでも相談してくれます。また、会員も言っていましたが「渡辺さんにしか相談できないんです。親に言っても心配をするだけなので。」と、なんともうれしい言葉をいただきました。

そこで、会員自身の気持ちや状況、心配事などをまず聞きました。

「何を心配しているの?」

「なんで そんな風に思ったの?思うの?」

思いや心配事は、その人の性格や過去の経験からくるものも多いので、ポイントを掘り下げることもあります。

お子さんがいる方は、結婚に対しても、生活感のあるお話をすることも多いです。

 

もうひとりの女性会員は、初婚の清楚な女性です。

活動は1年になります。真剣交際を申し込まれたことも過去に3回ありました。

でも、踏み切れず。💦

今、居心地のよい男性が現れ、ゆっくりと育まれています。

そんな時もその会員は有頂天にはならないタイプ!

そこで、どんな気持ちでいるのか?ぐちゃぐちゃでもいいからと聞いていき、少し少し解かしていきます。

時には「私があなたのお母さんだったらねえ~!なんて言うかしら?」なんてフレーズも出ます。

私は50歳を迎えたので、20代で結婚してそして今・・・という実際の生き様をたくさん友人や知り合いから見ています。

そして、私自身の経験も含めて。

結婚すること!に漠然と不安を抱いて前に進めない会員さんには、そんな経験談もよくお話します。

今現在が続くことなど何ひとつないこともないのですから。

 

今日のふたり、年内にはきっと幸せの形になると思います。

しっかりと母のように見守りながら進めていきます。