親から卒業!その時既に、ふたりの時間は動き始めていました。

今年の春、お母様と一緒に初回面談にいらした30歳後半の女性がご成婚退会されました。

 

母娘できてくださる方は結構いらっしゃいます。

仲良しだったり、親御さんが過保護・過干渉だったり、母娘の関係はさまざまです。

ただ、あまりの年齢になると、それはどちらともなく執着になっていくと思うのです。

多くの場合、親側に非があると私は思っています。

ですが、いい大人の年齢になったときには、子供側も勇気をもって自分の人生を動かさなくてはいけないと思いますよ。だって、大人なんですから(o^―^o)ニコ

いろんな母娘の形を見ながら、私は娘さんにアプローチしていきます。

親への感謝はもちろん忘れずに、でも、これから一緒に生きていく人をみつけたら、今後のことはその人と話して進めていく!ここに親は関係ありません。

その時親は子どもから心配される存在に変わっていきます。

親は年を取っていくのですからそれでいいのです。

 

ということで、今回ご成婚の女性は、わたしとの活動の中でみごとにそんな成長をされました。

 

ときに、お母様と姉妹喧嘩のような言い合いもされていたようですが、出逢われた男性と一緒に歩む意識をしっかり持たれ強くもなられました。

 

女性が不安に駆られたとき、男性にそれを伝えると「大丈夫!大丈夫!」とつないだ手をぎゅっ!ぎゅっ!とにぎり返してくれるそうです。

これは、先に死んであろう親には決してできないことです。

 

わたしがこの仕事をしていて、本当によかったと思う瞬間でもあります。

 

結婚式の衣装合わせにお母様と行かれ、「うれしそうに眺めている母を見て、うれしくなりました!」ともお嬢さんはおっしゃっていました。

どうあれ、親は親であり、親が喜んでくれることが子どもにとって何にも代えがたい喜びだと思います。👌

 

ここまで、読んでくださって、「あれ!わたし!もしかして?」と思い当たる女性、男性いませんか?

そんな方!わたしとお話してみませんか?

損はさせませんよ(o^―^o)ニコ