「お母さんだけ大好き!」むむ。

この言葉!先日無事入籍した私の女性会員さんのお子さんの言葉です。お相手も同じ年ごろのお子さんのいる年下男性。

昨年の今頃、私と初回面談し、その時に

「泣いてしまうかもしれないので、子供は親に預けてきました」と言っていました。

入会を決め、初めての面談の時に男の子と

わたしは初めて会いました。

K子ママと私が話しを終え少しお散歩をした

とき、誰も教えていないのに、そして、誰もそんな呼び方はしないのに、その子は私の

ことを「紹介のおばちゃん」と呼んでくれました。それも何度も!

 

ママとわたしはその命名に驚くやら可愛いやらで大笑いしました。あ~懐かしい!

 

その後も、面談でお会いしたり、お見合いの時に少し預かったりもしましたので、

わたしもすっかり可愛くなってしまいました。

この度、無事ファミリーとなったおふたりは、お見合いからご成婚までほぼ半年かかりました。

と言いますか、ふたりの気持ちは決まっていたとしても、交際に時間をかけた方がいいことも

あります。今回はそんなケースでした。

お互いの子供を交えて会ったり、ふたりで会う時間も作ったり。

 

このふたりは、親の立場として考えなくてはならないこともあるけど、

自分のパートナーとしての相手の存在もあきらめたくない!との強い思いがありました。

私は、気持ちはわかるけど、どうかしら??とも心配していました。

 

「人の子供をはたして愛せるのか!」

そんな言葉も飛び出していました。

「これ!本音ですよね。」

「できるよ!」と即答できる方が嘘くさい。

 

そんなやり取りをしながら、今日という日にたどり着け、いいことなのか?よくないことなのか?コロナの影響で自宅で過ごす時間も増えました。

ママのお子ちゃまが泣くたびに、「お父さんは大嫌い。お母さんだけ大好き💛」と言っていた日々から、今は「お父さん大好き💛」に変わってきたそうです。

 

とても美人で、しっかりと子育てをされているママ!

凛とした母としての強さもお持ちです。

 

「お母さんだけ大好き💛」わたしにも理解できます。わたしも大好きなママです。

 

「結婚してよかったね♪」言える日がくることを私は確信できます。

ただ、それまでの日々がどんなに大変かということも覚悟の上で。

そんな話も女性会員さんとしました。

わたしがず~~~と応援していることも伝えてあります。

 

幸せになるんだぞ💛