「ZOOM」「ZOOM」「ZOOM」そして初対面の人と「電話」

コロナ禍ですが、人が人を繋ぐ動きって変わらない!止まらない!かえって繋がろう!としてしまったりして♫なんて思います。

 

以前から仕事でお世話になっている男性の紹介で「zoom」で数人の方とお会いする機会をいただきました。

初対面「はじめまして!」と。

そして、「ZOOM」

いろんな方の画像を見ながら、

 

やはり笑顔の人は得だなあ~

背景って印象に影響するな~

ヘッドホンはお見合いのときはいかつい印象になるよね。やっぱり!

 

なんて、職業柄いろんな見方をしながらお話に参加しました。

複数の集まりでしたので、その後もっとお話したい相手とは、個別でお話しすることもOKされていました。私はその後、相模原で

表具店を経営されている「ダイニングコンサルタント」の異名を持つ方と再度お話することになりました。

そして、今度は「電話」

こんな繋がり方!大学の頃以来だなあ~

 

「ZOOM」で名前と顔の雰囲気が少しわかったくらいの関係で、今度は「声!」と「言葉!」で勝負。声のトーンも好みはありますよね。電話は話し方と話の内容、間にも人柄がでますね。

電話で話しながら、どんな方なのかなあ~と想像がどんどん膨らみました。

これって、文通にも似た感じ。

 

その方とは、住まいの空間、特に「椅子が大好き💛」というところで繋がって今回の電話となりました。お互いの椅子への思い、そこからお互いのビジネスの話、そうこうしている間にどうしても僕はね!わたしはね!とプライベートな話が混ざってきますよね。自然に!

 

アッという間の1時間半でした。

実際にお会いする日はくるのかしら??の日々ですね。

でも、実際会えたときには、初めてとは思えない心の距離感だということは確信できました。

 

今回の出会いは、恋人とか結婚ではないので、ちょっと要素は違いますが、その私的な関係だとしても「ZOOM」の良さ「電話」の良さ「対面」の良さはあると思いました。

それをどう使うか?人は工夫するものですよね。

 

「オンラインお見合い」で盛り上がったのに、実際に会ったら「あれ??」ってなるにしろ、

逆に「あれあれ!!」ともっとあがる⤴にしても、いいのです。

人との出逢いを楽しんでほしい。